福岡で会社経営のビザのことなら、行政書士とい京子事務所へ  092−410−7785  初回相談無料  

外国人の株式会社設立

このページでは、外国人の方が、日本で会社を設立して、経営・管理ビザを取得し、事業を行おうとする場合に必要な手続きのながれについて、最も一般的な株式会社を例に、ご説明します。

 

※「株式会社」と「合同会社」、どちらの会社形態を選べばよいのかについては、コチラのページをご覧ください。

株式会社設立のながれ

1. 会社の基本事項を決める

 

会社を設立するにあたっては、
  ・会社名(商号)
  ・本店所在地
  ・事業目的
  ・資本金の額
  ・発起人の氏名又は名称及び住所
  ・発行可能株式総数
 などを決めなければなりません。

 

会社の本店所在地となるオフィスや店舗の確保をします。

 

※経営管理ビザの許可を受けるために必要な「事務所」とはどのようなものかについては、コチラのページをご覧ください。

 

矢印

 

 

 

2. 「定款」を作成する

 

株式会社の基本原則である「定款」を作成します。

 

当事務所で定款作成を承ります。

 

定款作成が完了したら、発起人の方に、定款や委任状に個人の実印を押印頂きます。

 

矢印

 

 

 

3. 公証役場で定款の認証を行う

 

定款に認証を受け、公正証書にします。

 

当事務所では、行政書士電子定款に対応していますので、定款認証の印紙代4万円が免除されます。

 

矢印

 

 

 

4. 会社の資本金を振込む

 

発起人の個人口座に資本金を振り込みます。

 

この振り込みは、定款認証日以降に行わなければなりません

 

また、振込口座は「日本の銀行の日本国内の本・支店」または「(認可を受けて設置された)外国の銀行の日本国内の支店」であることが必要です。

 

振り込みが完了したら、その通帳のコピーを基に、「払込証明書」を作成します。

 

矢印

 

 

 

5. 法務局で法人設立登記をする

 

登記については、当事務所の提携司法書士が、会社設立登記に必要な登記申請書類一式を作成し、法務局に法人設立登記と会社代表印の登録を行います。

 

登記申請日が会社設立日になります。

 

矢印

 

 

 

6. 税務署へ各種届出をする

 

「法人設立届」「給与支払い事務所等の開設届」「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」などを行います。

 

これらの税務署への届出の控え(税務署の受付印のあるもの)は、経営管理ビザの申請をする際に添付が必要な書類です。

 

矢印

 

 

 

7. 店舗営業の場合は、店舗物件の確保と内装工事等を行う
 調理等の現場業務を担う「従業員の雇用手続きと雇用保険加入の手続き」
  を行う

 

飲食店やマッサージ店などの店舗経営の場合には、店舗物件を契約し、内装を整えて写真を撮り、経営管理ビザの申請の際に添付します。

 

店舗内に事務所スペースが確保されていることも必要です。

 

また、経営・管理ビザの申請人は「経営や管理を主たる業務とする人」でなければならないので、調理やマッサージなどの現場業務を行う従業員が確保されていることが必要です。

 

矢印

 

 

 

8. 許認可を取得する(許認可が必要な業種の場合)

 

中古車やブランド品の売買、オークションサイトを運営する場合などは・・古物商許可
飲食店を営む場合は・・飲食店営業許可
旅行のツアー企画や航空券の手配をする場合は・・旅行業登録
不動産の賃貸仲介、売買仲介をする場合は・・宅建業免許登録  など

 

許認可が必要な事業を行う場合には、経営管理ビザの申請前に、許認可を受けておかなければなりません

 

各種許認可申請も当事務所で承ります。

 

矢印

 

 

 

9. 入国管理局へ経営・管理ビザの許可申請をする

 

在留資格申請書のほか、会社定款の写し、事業計画書、その他、すべての必要書類を準備し、経営・管理ビザの許可申請を行います。

 

当事務所が承ります。

 

矢印

 

 

 

10. 年金事務所、ハローワーク、労働基準監督署へ各種届出をする

 

会社を運営していく上で必要な、各種の届出を行います。

 

当事務所提携の、税理士や社会保険労務士をご紹介します。

関連ページ

経営・管理ビザとは
外国人の方が日本で会社を経営する、または役員として事業の管理をするという場合に必要な「経営・管理ビザ」とはどのようなものか、解説します。
経営・管理ビザを取得する場合の条件
外国人が起業して、「経営・管理ビザ」を取得するために必要な条件について解説します。
外国人の起業 株式会社と合同会社のどちらを選んだらよいのか?
日本で起業して経営・管理ビザを取得しようとする場合に、どのような会社形態を選べばよいのか、解説します。
経営・管理ビザ申請時の「事務所」と「契約時の注意点」
経営・管理ビザの許可を得るために必要な要件の一つである、「事務所が確保されていること」とは具体的にはどのようなことを指すのか、解説します。
500万円の出資金の形成過程の証明
経営・管理ビザの申請する時には、「出資の総額が500万円以上」の規模であることを証明するだけでなく、その500万円をどのようにして作ったかを明らかにすることが必要です。
事業計画書の作成は重要です
経営・管理ビザの審査に当たっては、「事業に継続性と安定性がある」ことを立証する「事業計画書」の内容が重視されます。事業計画書では、何を説明すべきなのかを解説します。
2人以上の外国人の共同事業で、それぞれ経営・管理ビザはとれるか?
2人以上の外国人が、共同で出資して事業を行おうとする場合でも、役員全員に経営・管理ビザが許可されるとは限りません。どのようなポイントを審査されるのか、解説します。
個人事業主でも経営・管理ビザは許可されるのか?
会社を設立せずに、個人事業主という形態で開業する場合に、経営・管理ビザが許可される可能性はあるのか、解説します。
留学ビザから経営・管理ビザへ変更する場合の注意点
日本語学校や専門学校、大学、大学院への「留学ビザ」で滞在している外国人の方が、起業して経営・管理ビザへ変更しようとする場合の注意点について、解説します。
留学生が、卒業後も継続して起業活動を行う場合の「特定活動(起業準備)ビザ」とは
大学または大学院を卒業した後も起業活動を続ける留学生で、一定の要件を満たした人に許可される「特定活動(起業準備)」ビザについて、解説します。
就労ビザから経営・管理ビザへ変更する場合の注意点
「技術・人文知識・国際業務」や「技能」などの就労ビザで働く外国人の方が、自分で起業して経営・管理ビザを取得しようとする場合の注意点について、解説します。
「経営・管理ビザ」申請 料金表
外国人の方が、日本で会社を経営するまたは役員として事業の管理をするときの在留資格、「経営・管理ビザ」申請の際の料金についてご案内します。