福岡で外国人のビザの手続きなら、行政書士とい京子事務所へ 092−410−7785 初回相談無料  

「技術・人文知識・国際業務」ビザでの契約とは

在留資格「技術・人文知識・国際業務」で行うことができる活動については、入管法別表第一の二の表の下欄に、次のように定められています。

 

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野若しくは法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動(一の表の教授の項,芸術の項及び報道の項の下欄に掲げる活動並びにこの表の経営・管理の項から教育の項まで,企業内転勤の項及び興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)。

 

ここでいう「契約」には、雇用のほか、委任、委託、嘱託等が含まれます。また派遣契約や請負契約も含まれます

 

ですから、外国人を派遣社員として働いてもらう契約をして、その社員にしてもらう職種と外国人本人の学歴・職歴とに関連性が認められれば、「技術・人文知識・国際業務」ビザが許可されることになります。

 

派遣社員の場合、雇用関係は「派遣元会社」と「派遣社員」との間で結ばれます。

 

よって、派遣元会社がスポンサーになって就労ビザの申請を行います。

派遣元と派遣先、両方の会社の資料を提出

就職先が派遣会社で、他の会社へ派遣されて働くという場合には、在留資格の取得申請をする際に、派遣契約書・業務委託契約書など、その根拠となる契約書を提出しなければなりません。

 

当然ながら、派遣元となる会社は、労働者派遣法に基づく許認可を受けていることが必要です。

 

また派遣先の会社の概要を明らかにする資料の提出も必要となります。

 

在留資格申請は、@本人の審査、A派遣会社(派遣元)の審査、B派遣先(実際に就労する会社)の3つが審査されます。

 

@派遣社員本人の審査・・本人の学歴と職務の関連性が問われます。

 

A派遣会社(派遣元)の審査・・派遣会社として必要な営業許可を取得しているかどうか、財務状況など企業としての継続性、安定性が問われます。

 

B派遣先(実際に就労する会社)の審査・・就労先での業務内容が問われます。単純労働は許されません。「専門的な又は技術的な」業務に限られます

継続的な雇用であること

注意しなければならないのは、どのような契約でも、継続的な契約でなければならないということです。

 

短期間の派遣契約等の場合は不許可となる可能性が高くなりますので、派遣契約書に自動的な更新条項を盛り込むなどして、継続的であることを立証しなければなりません。

学歴・職歴と派遣先での職務内容が「技・人・国」ビザに該当すること

派遣等の場合は、派遣先で行う業務の職務内容が「技術・人文知識・国際業務」ビザでの活動として許可されている業務内容であり、派遣される本人の学歴・職歴と、派遣先での職務内容とが合致していなければなりません

 

複数の派遣先に派遣されることになってもかまいませんが、申請時に、派遣先・派遣期間・予定職務が確定しており、かつ常勤職員として雇用されるものでなければなりません

 

※「技術・人文知識・国際業務」ビザについて詳しくはコチラをご覧ください。

関連ページ

出国前に確認 再入国許可とみなし再入国許可
短期滞在以外の在留資格を持って日本で暮らしている外国人の方は、日本を出国する前に、「再入国許可」をとっておきましょう。
外国で有効に成立した「同性婚の配偶者」の在留資格
外国で有効に成立した「同性婚の配偶者」が、日本で中長期に在留したいという場合に、認められるビザ(在留資格)についてお伝えします。
在留カードに記載されている事項に変更があったとき
住所が変わったとき、氏名や国籍が変わったときなどは、14日以内に届け出なければなりません。どこへ届出すればよいのか、手続きのしかたについてお伝えします。
来日後、在留カードはいつどこでもらえるのか
日本に中長期間在留することを許可された外国人が、来日して、いつどのようにして「在留カード」を受け取ることができるのかをまとめました。
在留カードの名前を漢字併記したいとき
中国や韓国の方などで、在留カードの氏名を漢字併記にしたいときのルールと手続きについてお伝えします。
在留カードの常時携帯義務について
在留カードは、常に携帯していなければなりません。「えっ?じゃあ、ビザの変更や更新申請の時に、行政書士に預けて大丈夫なの?」大丈夫です。
在留カードを失くしたとき
在留カードを紛失したり、汚してしまったときにはどうすればよいのか、お伝えします。
在留カードを所持している方が亡くなったとき
在留カードを所持している方が亡くなった場合に、どのような手続きが必要か、在留カードをどうすればよいのか、お伝えします。
「技・人・国」ビザの人が新入社員研修で現場に立っても大丈夫?
技術・人文知識・国際業務ビザで働く人は、店頭での接客や工場労働などの単純業務はできません。 でも、新人研修で社内の様々な部署での仕事を体験させるというのは、多くの会社で行われていることです。「技・人・国」ビザの外国人がこれを行うことは許されるのでしょうか?解説します。
4つのカテゴリーに分けられる会社の規模
就労の在留資格を申請する際には、これから所属することになる機関(会社)の規模に応じて4つのカテゴリーに分類され、どのカテゴリーに属するかによって、提出資料が大きく異なります。
調理師として技能ビザを申請する際の注意点
技能ビザの中でも最もポピュラーな、調理師としての技能ビザ。実務経験が既定の年数以上あることを、きちんと証明しなければ許可されません! その他注意点をお伝えします。
国際結婚の時にはどこの法律で手続きするのか
「日本人同士が、日本で結婚する」時には、日本の法律だけが関係してきます。でも国際結婚の場合、「どこの国の人とどこの国の人が結婚するのか」「どこで結婚の手続きを行うのか」によって、外国の法律が複雑に絡んできます。その基本を押さえておきましょう。
日本国籍を取得できる場合とは
日本国籍を取得できるときとは、どのような条件を満たした場合なのでしょうか。解説します。
二重国籍となってしまう場合とは
父または母が外国人であったり、外国で生まれた場合などに、二重国籍となってしまうことがあります。どのような場合に二重国籍となってしまうのか、「国籍の選択」とはいつまでにどのように手続きすればよいのかを解説します。