福岡でビザの申請なら、行政書士とい京子事務所へ  092−410−7785  初回相談無料 

在留カードとは

在留カードは、日本に中長期間在留する外国人の方に対して交付されるものです。

 

法務大臣によって、日本に中長期間滞在できる在留資格と在留期間を、正式に許可された人であるということを証明する「証明書」、「許可証」でもあります。

 

在留カードには、法務大臣が把握している情報の重要な部分が記載されているので、記載事項に変更が生じた場合には、変更が生じた日から14日以内に、変更の届出をすることが義務付けられています。

 

※「在留カード記載事項の変更届出」の場所や手続きの方法等についてはコチラをご覧ください。

 

在留カードを
・偽造や変造をしたとき
・偽造・変造された在留カードや他人名義の在留カードを使用したり持っていたりしたとき
・自分名義の在留カードを提供したりしたとき
などは処罰されます。

 

また、これらの行為を行ったり、そそのかしたり、そうすることを助けたりした外国人は、
退去強制事由に該当することになります。

在留カードに記載される情報

在留カードには、以下のような情報が記載されます。

 

・氏名  
 (漢字氏名の併記を希望する方は、コチラをご覧ください)

・生年月日
・性別
・国籍・地域
・住居地(日本での主たる住居の所在地)
・在留資格
・在留期間及び在留期間の満了の日
・許可の種類及び年月日
・在留カードの番号
・交付年月日及び有効期間の満了の日
・就労制限の有無
・資格外活動許可を受けているときはその旨
・顔写真
(在留期間が16歳の誕生日以前までとされている在留カードには、顔写真は表示されません)

 

在留カードの見本と見かたについての入国管理局のページはコチラ

 

 

※上陸港で「在留カード」が交付されず「後日交付」とパスポートに記載されたときについては、コチラをご覧ください。

 

※在留カードに記載する名前について、漢字氏名の併記を希望する場合については、コチラをご覧ください。

 

※在留カードの常時携帯義務と、申請の際に行政書士に預ける時の注意に関しては、コチラをご覧ください。

 

※在留カードを失くしたり汚してしまった場合については、コチラをご覧ください。

 

※在留カードを所持している方が亡くなった場合に、どのような手続きが必要か、在留カードをどうすればよいのかはコチラをご覧ください。

関連ページ

上陸手続きとは
日本に上陸しようとする外国人は、原則として法務省令に定められている出入国港で、入国審査官の上陸審査を受けなければなりません。
査証と在留資格の違い
本来、ビザ(visa)とは「査証」のこと。でも、外国人のお客様のほとんどが、「在留資格(resident status)」のことをビザと言われますので、このサイトでも、お客様にわかりやすいように「在留資格(resident status)」のことをビザと表現しています。ここでその違いをご説明しておきます。
在留資格とは
在留資格とは、外国人が日本に滞在(在留)するための資格のことです。