福岡で会社経営のビザのことなら、行政書士とい京子事務所へ  092−410−7785  初回相談無料  

経営・管理ビザ申請の際の要件の一つである「事業の規模」とは

経営・管理ビザを申請する際の、「事業の規模」に関する要件は、以下の通りです。

 

「事業の規模」が、次のいずれかに該当していること。
(1) 経営者以外に2人以上の日本に居住する常勤職員(日本人、永住者、日本人の配偶者
  等、永住者の配偶者等、定住者)が従事して営まれるものであること。

(2) 資本金の額または出資の総額が500万円以上であること。
(3) (1)または(2)に準ずる規模であると認められるものであること。

 

上記の要件だけを見ると、経営管理ビザを申請しようとする人自身による出資でなければならないとは書かれていません。

 

しかし、経営・管理ビザを申請しようとする人は、「実際に経営を行う」人でなければなりません。

 

そのため入国管理局は、経営管理ビザを申請しようとする人本人が、事業開始のためにいくら出資したのか、その資金はどのようにして作ったのか、そのお金でどのような事業を行っていこうとしているのか、という事業開始までの経緯全般を厳しく審査します。

 

誰かから短期間にお金を融通してもらって、ビザ申請の時にだけ通帳にお金が入っている状態をつくって、ビザだけ得ようとするようなことは許されません。

出資金の出所も証明しなければなりません

経営・管理ビザの申請する時には、「出資の総額が500万円以上」の規模であることを証明するだけでなく、その500万円をどのようにして作ったのかを証明することが必要です。

 

会社設立の前から、500万円の資本金の形成過程を明らかにしながら、会社設立手続きを進めていくことが非常に重要です。

どのような書類で証明するのか

500万円の出資金をどうやって作ったのかは、様々な文書や立証資料で証明します。

 

【例1:自分で貯めました】

 

自分で働いて得たお金をコツコツ貯めたのであれば、銀行の通帳の写しで、その過程を証明します。

 

ここで注意が必要なのは、留学生の起業です。

 

「留学」ビザで日本に来ている人は、資格外活動許可を得ていたとしても、一週間に28時間までしかアルバイトはできません。

 

自分で働いて得たお金であっても、違法な資格外活動で得たものであれば、経営・管理ビザへの変更は許可されません。

 

【例2:親や親族から借りました】

 

自己資金だけでは500万円には足りない場合、親や親族から借りるというケースが多いです。

 

親や親族から借りる場合でも、「金銭消費貸借契約書」(一般的に言う「借用書」)をちゃんと取り交わしてください。証拠書類として必要です。

 

「送金記録」も重要です。貸した人の口座から借りる人の口座へと送金されたという証明です。

 

現金で日本に持ってくるという場合には、税関で申告した記録が必要です。

 

親や親族から借りた場合には、親や親族との関係を公的な書類で証明します。

 

また、親や親族にそれだけの額のお金を貸すことができる財力が本当にあったのかについて疑義を持たれ、貸した方の親や親族の銀行口座明細書の提出を求められる場合もあります。

関連ページ

経営・管理ビザとは
外国人の方が日本で会社を経営する、または役員として事業の管理をするという場合に必要な「経営・管理ビザ」とはどのようなものか、解説します。
経営・管理ビザを取得する場合の条件
外国人が起業して、「経営・管理ビザ」を取得するために必要な条件について解説します。
外国人の起業 株式会社と合同会社のどちらを選んだらよいのか?
日本で起業して経営・管理ビザを取得しようとする場合に、どのような会社形態を選べばよいのか、解説します。
外国人の会社設立から経営・管理ビザ取得までのながれ
外国人の方が、日本で会社を設立して、経営・管理ビザを取得し、事業を行おうとする場合に必要な手続きのながれについて、最も一般的な株式会社を例に、ご説明します。
経営・管理ビザ申請時の「事務所」と「契約時の注意点」
経営・管理ビザの許可を得るために必要な要件の一つである、「事務所が確保されていること」とは具体的にはどのようなことを指すのか、解説します。
事業計画書の作成は重要です
経営・管理ビザの審査に当たっては、「事業に継続性と安定性がある」ことを立証する「事業計画書」の内容が重視されます。事業計画書では、何を説明すべきなのかを解説します。
2人以上の外国人の共同事業で、それぞれ経営・管理ビザはとれるか?
2人以上の外国人が、共同で出資して事業を行おうとする場合でも、役員全員に経営・管理ビザが許可されるとは限りません。どのようなポイントを審査されるのか、解説します。
個人事業主でも経営・管理ビザは許可されるのか?
会社を設立せずに、個人事業主という形態で開業する場合に、経営・管理ビザが許可される可能性はあるのか、解説します。
留学ビザから経営・管理ビザへ変更する場合の注意点
日本語学校や専門学校、大学、大学院への「留学ビザ」で滞在している外国人の方が、起業して経営・管理ビザへ変更しようとする場合の注意点について、解説します。
留学生が、卒業後も継続して起業活動を行う場合の「特定活動(起業準備)ビザ」とは
大学または大学院を卒業した後も起業活動を続ける留学生で、一定の要件を満たした人に許可される「特定活動(起業準備)」ビザについて、解説します。
就労ビザから経営・管理ビザへ変更する場合の注意点
「技術・人文知識・国際業務」や「技能」などの就労ビザで働く外国人の方が、自分で起業して経営・管理ビザを取得しようとする場合の注意点について、解説します。
「経営・管理ビザ」申請 料金表
外国人の方が、日本で会社を経営するまたは役員として事業の管理をするときの在留資格、「経営・管理ビザ」申請の際の料金についてご案内します。