福岡で外国人のビザの手続きなら、行政書士とい京子事務所へ 092−410−7785 初回相談無料  

出国すると、持っていたビザ(在留資格)が消滅

 短期滞在以外の在留資格を持って日本で暮らしている外国人の方は、日本を出国する前に、「再入国許可」をとっておきましょう。

 

 外国人の方が、一度日本から出国すると、持っていた在留資格と在留期限は消滅してしまいます!
 もう一度日本に入国しようとする時には、またビザ(査証)を取得してから、上陸申請、上陸審査を経て上陸許可を受けなければなりません。
 出張や母国に帰るたびにこのような手続きをするのは大変だ、ということで、「再入国許可」「みなし再入国許可」という制度があります。

再入国許可

 出国後1年以上日本に戻らない方や、有効期間が3ヵ月以内の在留資格の方は、あらかじめ入国管理局に「再入国許可」の申請をして許可を受けておくことで、再入国の時の上陸申請では、通常必要とされるビザ(査証)が免除され、上陸後は出国前に持っていた在留資格と在留期間が継続しているものとみなされます
※「短期滞在」ビザの方は、再入国許可の対象外です。

 

再入国許可は、2種類あります。
@1回の出国に限り有効のもの(シングル)
A有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のもの(マルチ)

 

 再入国許可の有効期間は、最長で5年を超えない期間(特別永住者の方は6年)で決定されます。
 ただし、現在持っている在留期間の範囲内になります。
※有効期間があと1年という方は、1年以内に再入国しないと在留資格の期限が切れてしまい、更新手続きができません。

 

◆「再入国許可」の申請手続き
・申請する時期・・出国前
・申請のできる人・・申請人本人、地方入国管理局長から申請取次の承認を得ている勤務先の
   職員、行政書士などの申請取次資格者

・申請する場所・・申請人の住所を管轄する入国管理局
・申請に必要な書類・・@再入国許可申請書、A在留カード、Bパスポート
・手数料・・シングルは3,000円、マルチは6,000円
   手数料納付書に収入印紙を貼って納付します。
・許可されるまでの日数・・申請した日に即日許可されます。

みなし再入国許可

「みなし再入国許可」とは、
・「3月」以下の在留期間を決定された人、「短期滞在」の在留資格をもって日本に在留する人以外の人
出国の日から1年以内に再入国する場合
には、原則として通常の再入国許可の取得を不要とするものです。

 

※みなし再入国許可の有効期間は、出国の日から1年間ですが、在留期限が出国の日から1年を経過する前に来てしまう場合には、在留期限までです。
※在留資格取消手続中の人や難民認定申請中の「特定活動」の在留資格をもって在留している人などは、みなし再入国許可の対象とならないため、通常の再入国許可を取得する必要があります。

 

◆「みなし再入国許可」の手続き
・空港などの出国する場所で行うことができます。
パスポートと在留カードを持って行くことが必要です。
・出国審査の前に、「再入国出国記録(再入国EDカード)」をもらい、
  「みなし再入国による出国を希望します」の欄にチェックを入れます。

・出国審査の際に、審査官に、みなし再入国許可による出国を希望することを伝えて下さい。
・手続きは無料です。

 

 みなし再入国許可は有効期限の延長はできません。

 

 みなし再入国許可で出国して、出国後1年以内に再入国しなかった場合、たとえ病気などのやむを得ない事情があったとしても、在留資格は消滅してしまいますのでご注意下さい!

 

 出国期間が長くなるかもしれない場合には、「再入国許可」を取得しておきましょう。

関連ページ

外国で有効に成立した「同性婚の配偶者」の在留資格
外国で有効に成立した「同性婚の配偶者」が、日本で中長期に在留したいという場合に、認められるビザ(在留資格)についてお伝えします。
在留カードに記載されている事項に変更があったとき
住所が変わったとき、氏名や国籍が変わったときなどは、14日以内に届け出なければなりません。どこへ届出すればよいのか、手続きのしかたについてお伝えします。
来日後、在留カードはいつどこでもらえるのか
日本に中長期間在留することを許可された外国人が、来日して、いつどのようにして「在留カード」を受け取ることができるのかをまとめました。
在留カードの名前を漢字併記したいとき
中国や韓国の方などで、在留カードの氏名を漢字併記にしたいときのルールと手続きについてお伝えします。
在留カードの常時携帯義務について
在留カードは、常に携帯していなければなりません。「えっ?じゃあ、ビザの変更や更新申請の時に、行政書士に預けて大丈夫なの?」大丈夫です。
在留カードを失くしたとき
在留カードを紛失したり、汚してしまったときにはどうすればよいのか、お伝えします。
在留カードを所持している方が亡くなったとき
在留カードを所持している方が亡くなった場合に、どのような手続きが必要か、在留カードをどうすればよいのか、お伝えします。
派遣社員で「技術・人文知識・国際業務」ビザは取得できるか?
留学生が日本で就職する時に、一番多いのが「技術・人文知識・国際業務」ビザに該当する仕事。派遣社員でも「技・人・国」ビザは取得できるのか、申請の際の注意点などをお伝えします。
「技・人・国」ビザの人が新入社員研修で現場に立っても大丈夫?
技術・人文知識・国際業務ビザで働く人は、店頭での接客や工場労働などの単純業務はできません。 でも、新人研修で社内の様々な部署での仕事を体験させるというのは、多くの会社で行われていることです。「技・人・国」ビザの外国人がこれを行うことは許されるのでしょうか?解説します。
4つのカテゴリーに分けられる会社の規模
就労の在留資格を申請する際には、これから所属することになる機関(会社)の規模に応じて4つのカテゴリーに分類され、どのカテゴリーに属するかによって、提出資料が大きく異なります。
調理師として技能ビザを申請する際の注意点
技能ビザの中でも最もポピュラーな、調理師としての技能ビザ。実務経験が既定の年数以上あることを、きちんと証明しなければ許可されません! その他注意点をお伝えします。
国際結婚の時にはどこの法律で手続きするのか
「日本人同士が、日本で結婚する」時には、日本の法律だけが関係してきます。でも国際結婚の場合、「どこの国の人とどこの国の人が結婚するのか」「どこで結婚の手続きを行うのか」によって、外国の法律が複雑に絡んできます。その基本を押さえておきましょう。
日本国籍を取得できる場合とは
日本国籍を取得できるときとは、どのような条件を満たした場合なのでしょうか。解説します。
二重国籍となってしまう場合とは
父または母が外国人であったり、外国で生まれた場合などに、二重国籍となってしまうことがあります。どのような場合に二重国籍となってしまうのか、「国籍の選択」とはいつまでにどのように手続きすればよいのかを解説します。