福岡で、結婚のビザのことなら、行政書士とい京子事務所へ  092−410−7785  初回相談無料  

配偶者ビザとは

日本人と結婚された外国人の方、永住者(特別永住者を含む)と結婚された外国人の方が、日本で一緒に暮らすためには「配偶者ビザ」が必要です。

 

日本で結婚された場合だけでなく、外国で結婚してこれから配偶者を日本に呼び寄せたい時にも、ご相談ください。

 

「配偶者ビザ」の申請の際には、「質問書」というフォーマットに沿って、いろいろとプライベートなこともお伺いしなければなりません。

 

当事務所では、女性行政書士が対応いたします。
また、行政書士には守秘義務があります。お伺いしたことが他に漏れることはありません。
安心してお話し下さい。

「配偶者ビザ」を取得するには

「日本人の配偶者等」という在留資格は、とても虚偽申請が多いため、審査が厳しく、本当の結婚であっても不許可になる可能性があります。

 

所定の「質問書」に答えるだけでなく、どこで知り合ったのか、どのような交際をしていたのか、結婚式にはどのような人が出席したのかなどを証明する資料を集めて添付するなど、本当の結婚であることを証明する責任は、申請者にあります。

 

また、外国人と結婚する日本人の所得がどれくらいあるのか、ちゃんと納税義務を果たしているか、なども証明するしなければなりません。

 

ご自分で手続きをすると、書類の不備や説明不足で不許可になってしまうことも多いのが現状です。

 

当事務所では、どのような補強資料をつけるべきかを、お客様の状況によって判断し、必要な書類の収集と申請書類の作成を行います。

「配偶者ビザ」申請の種類と料金

・外国にいる配偶者を日本に呼び寄せる場合には、「在留資格認定証明書交付申請」を行います。
  料金(税別)  100,000円〜    印紙代 : なし

 

・日本に住む外国人の方が、日本人や永住者と結婚される場合には「在留資格変更許可申請」を行います。
  料金(税別)  100,000円〜    印紙代 : 4,000円

 

・既に「配偶者ビザ」をお持ちの方の、単純な「在留期間更新申請」は、
  料金(税別)  50,000円〜     印紙代 : 4,000円

 

※ 申請される方の状況により、料金が加算されることがあります。個別にお見積りさせて頂きます。

 

※ 公的な書類の発行手数料、郵送費、旅費交通費等の必要経費は別途頂戴します。

 

※ 翻訳が必要な場合には、翻訳料を頂きます。      

「配偶者ビザ」申請サービスのながれ

スマホ

  1.お問い合わせ

 お電話かメールでお問い合わせください。
 留守の時は、翌営業日までにご連絡します。

 

矢印

 

相談

  2.無料相談、ご契約

 当事務所にお越しいただくか、お客様のご指定の場所までこちらからお伺いします。
 ご相談内容に応じて、お見積りをさせていただきます。
 お申込み・ご契約を頂いた場合には、着手金のお支払いをお願いいたします。

 

矢印

 

チェックリスト

3.必要書類の準備

 お客様にご準備いただく必要書類のチェックリストをお渡しいたしますので、
 書類の収集をお願いいたします。
 当事務所で準備できるものは、こちらで収集いたします。

 

矢印

書類作成

4.書類作成、申請準備

 当事務所が必要書類の作成、申請準備を行います。
 申請書類にはお客様の署名・捺印を頂きます。

 

矢印

 

申請

5.申請

 お客様に代わって、入国管理局に申請いたします。

 

 

矢印

 

受取

6.受け取り

 当事務所に結果が通知されます。
 許可がおりましたら、お客様に代わって、入国管理局で手続きを行います。
 残りの代金をお支払いいただきます。
          お客様に、新しい在留カードや認定証明書等をお渡しに伺います。

在留資格認定証明書交付申請から来日までのながれ

外国にいる人を日本に呼び寄せたい時には、「在留資格認定証明書交付申請」をします。

 

「在留資格認定証明書」とは、日本に上陸しようとする外国人が、「日本で行おうとする活動」が、上陸のための条件に適合しているかどうかについて、法務大臣が事前に審査を行い、条件に適合すると認められる場合に交付されるものです。

 

日本国内で在留資格認定証明書交付申請手続きを行い、この証明書の交付を受けた外国人が、在外公館(日本大使館・領事館)へ行き、認定証明書を提示して査証の発給申請を行います。

 

 

【在留資格認定証明書の交付を受けてからのながれ】

 

1.在留資格認定証明書の交付

 

矢印

 

 

 

2.国外にいる外国人に送付

 

矢印

 

 

 

3.日本大使館・領事館に、在留資格認定証明書等の必要書類を持参し、ビザの発給申請

 

矢印

 

 

 

4.ビザが添付されたパスポートを持って来日

国際結婚 配偶者ビザ記事一覧

配偶者ビザ取得の条件と注意点

通称「配偶者ビザ」は、正式には「日本人の配偶者等」という名称の在留資格です。『等』というのは「日本人の特別養子」や「日本人の子として出生した者」を含む在留資格であることを示しています。※「日本人の特別養子」「日本人の子として出生した者」について、詳しくはコチラをご覧ください。「配偶者ビザ」は、日本で...

≫続きを読む

 

「日本人の子として出生した者」「特別養子」とは

在留資格「日本人の配偶者等」に該当する人とは、以下の方です。・日本人の配偶者・日本人の特別養子(民法第817条の二の規定による)・日本人の子として出生した者「日本人の配偶者」とは、現在法律上の婚姻関係にある人でなければなりません。相手方の日本人が既に亡くなっていたり、離婚した後では、「日本人の配偶者...

≫続きを読む

 

国際結婚の手続き

日本人と外国人の国際結婚の場合には、日本でも法的に結婚が認められることと、外国人の母国(国籍のある国)でも法的に結婚が認められることが必要になってきます。そもそも結婚が法的に認められる条件が整っているのか(婚姻の成立条件)、どのような手続きをすれば法的に結婚が認められるのか(婚姻の方式)、結婚したこ...

≫続きを読む

 

国際結婚で国籍はどうなるのか

日本では、結婚によって国籍が与えられることはありません。日本国籍の取得原因は、出生、届出、帰化の3つだけです。いずれも一定の要件を満たした場合に、日本国籍が付与されます。※詳しくはコチラの「日本国籍を取得できる場合とは」のページをご覧ください。日本人と結婚したことで、外国人配偶者が自動的に日本国籍を...

≫続きを読む

 

国際結婚したら戸籍はどうなる? 苗字(姓)は?

日本人は結婚することによって、それまでいた親の戸籍から出て、新たな戸籍が作られます。外国人と結婚した場合には、日本人が筆頭者となる新しい戸籍が作られることになります。(すでに戸籍の筆頭者になっている場合には、新しい戸籍は作られません)結婚する日本人が男性でも女性でも同じ扱いです。日本人の戸籍の身分事...

≫続きを読む

 

赤ちゃんが生まれたときの手続き

日本に住む外国人同士のカップルに子どもが生まれたときには、@日本の役所に赤ちゃんが生まれたという届出をする。(出生後14日以内)A赤ちゃんのビザ申請をする。(出生後30日以内)ことが必要になります。外国人に戸籍はありませんが、日本国内で出産したり死亡した場合は、戸籍法の適用を受けますので、住居地の市...

≫続きを読む

 

離婚したら「日本人の配偶者等」の ビザはどうなるのか?

「日本人の配偶者等」というビザを持っている外国人の方は、「日本人の配偶者だから、日本に住んでいいですよ」と在留資格を許可されたということですから、離婚したら「日本人の配偶者等」のビザには該当しなくなります。たとえ在留期間がまだ残っていたとしても、いつ在留資格を取消されてもおかしくありません。入国管理...

≫続きを読む

 

「配偶者ビザ」申請 料金表

・外国にいる配偶者を日本に呼び寄せる場合には、「在留資格認定証明書交付申請」を行います。  料金(税別)  100,000円〜    印紙代 : なし・日本に住む外国人の方が、日本人や永住者と結婚される場合には「在留資格変更許可申請」を行います。  料金(税別)  100,000円〜    印紙代 ...

≫続きを読む